婦人

辛い毎日から抜け出そう|宿便と便秘の関係性

お肌への効果

ビフィズス菌には、腸の働きを良くする以外にも免疫力を高めたり、肝臓への負担を軽減させる働きがあります。常温で手軽に摂取できるビフィズス菌サプリは、胃酸で溶けることなく腸まで届きます。

赤ちゃんができたら

妊娠初期はホルモンバランスの乱れから、妊娠中期は胎内の赤ちゃんが大きくなることで胃腸を圧迫することから、妊婦は便秘になりやすいです。安易に薬を飲んでしまうと赤ちゃんに悪影響を及ぼすので、自然に便秘解消ができるよう工夫することが大切です。

柔らかな便を目指そう

ウエスト

水溶性の食物繊維が効果的

食べた物が直ぐに排泄されることは通常ありませんから、宿便は健康な人でも持っています。健康であれば便は柔らかな状態ですから、腸内をスムーズに移動できることが特徴です。しかし、便秘によって宿便の期間が長くなりますと、腸内での水分吸収が進み、宿便としての滞在時間が長いほど、固い便になってしまいます。この状態では便がスムーズに動けないため、更なる便秘を引き起こすなど、悪循環になることが一般的です。ダイエットを行う場合でも避けておきたい状況ですから、宿便をため込む前に、サプリなどを使って改善するように努めましょう。症状がひどい際は下剤なども有効ですが、下剤は常用することで効き目が弱くなり、最終的には下剤を使わないと排便できなくなりますから、根本的な解決には不向きです。そこで、便秘の改善は流動性に優れる柔らかな便を目指すことが肝心ですので、その点に着目してサプリを選びましょう。柔らかな便を作るには、保水力の高い水溶性の食物繊維のサプリが適しています。水溶性食物繊維は便秘の改善に良いほか、炭水化物の吸収を遅らせたり、脂質を取り込んで排出する働きもあるため、ダイエットにも魅力的な成分になっています。ただし、腸内が悪玉菌で満たされている状態では、食物繊維を摂っても上手く腸が動いてくれませんから、ビフィズス菌などの乳酸菌サプリや、オリゴ糖などのサプリも活用することが肝心です。そして、便を柔らかくして便秘を解消するためにも、サプリは十分な量の水か、ぬるま湯で飲みましょう。

毎日の意識をチェンジ

本気で痩せたいなら、生活を見直してみましょう。食事のメニューをカロリーの低いものにしてみたり、おやつをダイエット用にする、運動をするなど、具体的に行動することでダイエットは成功に近づきます。おやつはスルメやおからクッキーがオススメです。

Copyright © 2017 辛い毎日から抜け出そう|宿便と便秘の関係性 All Rights Reserved.