女の人

辛い毎日から抜け出そう|宿便と便秘の関係性

赤ちゃんができたら

妊婦

多くの妊婦を悩ませるのが便秘です。それまで便秘に無縁だった女性でも、妊娠したら便秘になりやすくなるというケースは珍しくありません。また、便秘は誰でもなりやすい症状ですが、誰にでも相談できる内容ではないので、気が付かれにくくなっています。妊娠初期はホルモンバランスの乱れから通便の働きが弱くなってしまいますし、妊娠中期にはお腹の赤ちゃんが大きくなって胃腸を圧迫するので便通が悪くなってしまっています。便秘解消をしたくても、妊婦は簡単に薬を飲むことはできません。赤ちゃんに不測のトラブルを招いてしまうからです。なので、なるべく食事や生活習慣を改善することで便秘解消をはからなくてはいけません。まず、水を多くとることが大切です。妊婦は赤ちゃんにも水分を与えなければならないので、通常時よりも体内に水分を貯めようとしています。その分、腸の水分が減りやすくなっているので、水を飲むことを意識します。水が飲みにくいと思ったら、お茶やスポーツドリンクがおススメです。通常の便秘解消と同じく、妊婦の便秘解消にも食物繊維は大きな役目を果たします。こんにゃくや海藻、玄米やライ麦パンがよいとされています。また、妊婦は体が重くなりますし、万一のことを思って外出を控えてしまいがちです。そうなると運動不足になって、さらに便秘になりやすい体になってしまいます。妊婦だからといって、ずっと家の中で過ごすのではなく、適度に運動することが大切です。それでも便秘が続くようなら、医者に診てもらいます。医者ならば、きちんと診断したうえで、妊婦でも飲める便秘薬を処方してくれます。妊婦は便秘になるものだという認識のもと、ストレスをためずに無理のない生活をすることが大切です。

Copyright © 2017 辛い毎日から抜け出そう|宿便と便秘の関係性 All Rights Reserved.